株の取引を始めるには

資産運用として株の取引を始めたいと思っている方の中にはどうやって始めれば良いのかわからないという方もいますよね。まずやらなくてはならないのは証券会社に口座を開設するということです。この口座がないと取引を開始することは出来ないので必ず行わなければならないのですが、最近ではインターネットで簡単に申し込みをすることが出来るようになっていますので、自宅で完結することが可能です。口座が開設できたらお金を入金することで取引が可能になります。

どのような証券会社を選べばいい?

証券会社と言っても非常に多くの会社があるのでどこを選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。それぞれの証券会社によってサービス内容が大きく異なりますので、それぞれを比較して自分に合った証券会社を選ぶということが大切になります。もちろん、証券会社は一つしか利用できないということはありませんので、いくつかの証券会社で開設して使い分けるということも可能です。初心者がまず注目したいのは手数料で、自分が行いたい取引に向いたものを選ぶといいでしょう。

取引の種類も多数ある

株式投資と言っても種類が多くあります。最も基本的なものとなるのが「現物株取引」で自己資金の範囲内で行うものです。他には「信用取引」というものがあり、証券会社から「お金や株券を借りて」株を買ったり売ったり出来る取引です。信用取引に関しては取引を行う際に担保が必要になります。この担保があることによって自己資金の3倍程度までの取引を行うことが出来るのです。借りる訳ですから当然金利も必要になりますのでそういった点も踏まえて証券会社を選ぶ必要が出てきますね。

株式の信用取引の金利は、それぞれの証券会社によって異なるので取引をする前に確認をしておくことが必要です。