介護の資格試験を受けるときや仕事で役立つ

実務者研修の資格は、介護福祉士になるために必須のものになりました。介護福祉士の国家試験を受ける場合は、実務者研修を終わらせることが義務になっています。実務者研修では、質の高い介護のサービスを提供するための知識と技術を学びます。またこの資格を持っていれば、介護施設でサービス提供責任者になることもできます。サービス提供責任者だったら、介護の施設で働くときに優遇されます。痰の吸引と経管栄養といった介護の現場で必要な技術も学べます。

短期間で習得できる資格

実務者研修はスクールに通うことで、取得しやすくなります。介護の資格を持っていない方だったら、取得まで6ヶ月程度かかりますが、資格のある方だったら、それよりも短くなります。例えば、介護職員初任者研修の資格をお持ちだったら、取得まで4ヶ月程度になります。ホームヘルパー1級の方だったら、さらに短くなって2ヶ月程度です。スクールはテキストの学習が中心なので、働いている方も通いやすいです。スクーリングでは実習がありますが、その期間は短いです。

介護福祉士の試験対策とセットになった講座もある

上記に書いたように介護福祉士の試験を受けるためには、実務者研修を終わらせておく必要があります。スクールの中には、介護福祉士の講座と実務者研修の講座をセットしたところがあります。このような講座を受ければ、実務者研修の資格の取得もできて、介護福祉士の合格を目指すこともできます。介護福祉士の仕事は国家資格なので、これを取ることができたら、職場で優遇されます。資格を持っている人に手当てを支給する施設も多いです。

実務者研修のメリットとして、日ごろの業務の中で身に着けたスキルをさらに高めることができる点が挙げられます。