まずは英語から!英語の資格にはどんなものがある?

語学系の資格を取ろうと思ったら、まずは学校で学んだ経験のある英語から始めるのが得策です。今国内では英語関係の資格や検定試験が多くありますが、英語が職業に直結するものとしては、教員免許や通訳案内士があります。教員免許は大学で所定の単位を取得し、教育実習を行って申請すれば取得することができます。通訳案内士は地理・歴史などの一般知識や英語の筆記試験に合格し、英語での面接に合格した上で、都道府県に登録することで業務を行うことができます。もちろん英語以外の言語でも受験・登録を行うことができます。

語学関係の各種検定試験も受けてみよう!

直接職業に直結するわけではないけれど、自分の実力を試してみたいという方は、検定試験を受けるのがおすすめです。語学の検定試験には、世界的規模の試験や日本で認知度の高いもの、あまり知られていないものなどさまざまあります。これらの試験に向けて勉強することで、今ある語学力を高めることもできますし、履歴書に書いてアピールすることもできます。試験によっては入試に活用されたり、大学で単位として認められるものもあります。

どうやって勉強すればいいの?

語学関係の資格を取るためには、もちろんそのための学習が必要です。認知度のある試験であれば、書店に参考書が売られており、対策スクールも多くあるので、自分にあった学習法で対策すれば合格できます。検定試験の多くが、一次試験に受かった場合、二次試験で失敗した場合でもその後数回の試験で一次試験が免除になるので、効率よく受験することもできます。何より、外国語を理解できるようになると、外国人と気軽にやりとりできるようになり、自信にもつながります。ぜひ、語学の資格試験を受けてみてください。

中小企業診断士の講座の内容を知りたい時には、実績のある予備校や専門学校の資料を請求することがおすすめです。