インデックスファンドとは何か

インデックスファンドというのは、基準価格が特定の指標に連動するように作られている金融商品のことです。連動先の指標は色々ですが、有名なところでは、日経平均株価指数や世界株価指数が挙げられますね。こうした指標は、長期的には右肩上がりで上昇していくことが予想されているので、それに基準価格が連動をするなら、損はしにくいのではないかと考える人が多いわけです。もちろん長期でなければ下がってしまうこともあるでしょうが、20年程度のスパンで考えれば、インデックスファンドの成績はかなり高くなっているのが現実です。

NISAにもぴったりなインデックスファンド

インデックスファンドに投資をする人の多くは、長期投資家です。頻繁に売り買いを繰り返すのではなくて、バイアンドホールドで特定のファンドを持ち続ける人が多いです。こうした投資スタイルは、NISAにも最適なのではないでしょうか。NISAというのは、一定期間株式から出た利益に税金がかからなくなるという便利なシステムのことです。専用口座が必要になりますが、そこにインデックスファンドを買って置いておくだけで、NISAを有効活用できます。なぜなら、インデックスファンドは配当にも期待が持てる金融商品だからです。配当益まで非課税になるNISAとは相性抜群だと言えます。

資産運用は早めにスタートさせるのが吉

長期投資をするのであれば、スタートは早ければ早いほど良いと言えるでしょう。なぜなら、インデックスファンドに代表される長期投資用の銘柄は、持てば持つほどにリスクが減少していくものだからです。若いうちに何かインデックスファンドを買っておけば、放置をしておくだけでも相当な資産形成ができる可能性が高いです。毎年インカムゲインを生み出してくれるのはもちろんのこと、20年後には大きなキャピタルゲインまで生み出してくれるはずです。

ファンドの会社のサポートの内容は、プランによって大きな違いがありますが、短期間のうちに収益率を高めることがポイントです。